独りで寂しげな姿に寂しさがない

私にとって、若い時代に読書するため、知識果酸換膚を求めて長い腕のため、後日良い仕事を探して生計を立てる;仕事が多い時期に読書、仕事と業務については、のために仕事をして;ただ定年退職後に本を読んで、1種の精神生活のが必要で、私は本を読んで生活が寂しくないけど寂しい独りで寂しげな姿に、あれは1種の無寂しい世界。
五年、私は紙の本を読んで、ネット上の本を読んで読んで、中国人の本を読んで本を読んで、外国人のブログを読んで、手紙を読んで、マイクロ;教授公知の書も、読み草の根庶民の本読んで古人の本も読んで、現代人の本を読んで読んで、政治、歴史読んで読んで、哲学、散文を読んで、芸術。読み週間有光、资中筠、茅于轼、袁伟时、李慎之、张千帆、张维迎、贺卫方、秦晖、郑永年、俞可平、吴敬琏、余英时、杨继绳、杨恒均、リーショウホウ、刘瑜、熊培云の本を読んで、ソクラテスも、プラトン、亜リースドッド、トクビル、ルソー、ラッセル、孔子、梁实秋、梁啓超、論争、林语堂、季羡林、龙应台、余光中、と赤身の本を読んで、「炎黄春秋』を読んで、「愛思想網』、『鳳凰網』、『コンセンサス網』、『凯迪網」など。
これらの本を読んで、啓発私の蒙昧、思想楊婉儀幼稚園の空白を埋める、心は1枚天窓1枚に開かれる。
読書、1種の修行。
本を読むことによって、私はまず自分の上調子心を静かにして下りてきた。
文化の教養、洗い流して私の魂は、心を潤し、精神が升華、品行方正に傾く。私の魂はもう暗くて、情緒がもう過激で、穏やかな心理状態を社会に直面するさまざまな人や事。
読書、1種の自己啓発です。啓蒙はもっと本を読む必要がある。
読書、私は自分の何も知らない、どんなに愚かとおかしくて。「国民の根性」は私には随所に見える、自己啓発は自分を改造する必要がある。読書は私の生命は目覚めの始まったばかりで、啓蒙、またこうの老人は最高の「究極の配慮」。
カントは「啓蒙運動は、人間が自分の未成熟状態になっているということです。」「熟しない状態は他人の導くことで、自分の理性を運用することはできない。」
自己「理性」の運用は、この状況に属しているということです。過去数十年、私は多くの人と同様、愚かと愚かで過ごした。私たちの思想と心で何十年以来ずっと他人を支配していないされても、許されない独自の思想と考え、私たちが必要なのは、しない子羊。僕らが受けた教育は:運命は、「組織」として、「組織」代表の祖国、国家を代表して、“組織」はすべて、服従しなければならない「組數碼通織」、「組織」への東、西君はできない。「組織」を聞くと、仕事があれば、ご飯食べ、いい日になる。親なら、「組織」の話は絶対に聞いてはならない。親が裏切る、「組織」は、裏切ることはない。結婚して子供は「組織」の手配に従うことだ。「組織」への詰め寄っは進歩、組織については前途がある。「組織」を離れ、生存の空間は問題がある。私たちの情報や知識を得ることができるが、決して疑ってもない「組織」どころではない、理性的に認識する「組織」。指導者は組織の化身で、指導者はあなたを探して、あなたはこの組織はあなたを探してあなたを探しています。
本を読んで、私の思想を檻、学会独立して考える;私の心からの脱却が愚かで無知で、光、私の魂の洗礼を受け、居場所を見つけ、自由へ。
カントは「あなた自身の理性を運用することが必要です!これは啓蒙運動のスローガンです。」
资中筠と陈乐民さんについてロック:
ロックに生活の年代と社会の現実(内戦、復古や名誉革命時期)、靑少年から受けた中世経験哲学とオックスフォードプラトン学派の教育、大股に向かって新しい時代。まだイギリスの復古の時期に、彼が完成した2巻「政府論』ではイギリスに広がって、それによってあれらの変えジェームズ二世王の専制体制の人々を提供し、直接の精神の資源。それは経典、今日に至るまで、人類社会の進歩も脱が出ないの卓見。
ジョン・ロック『政府論」には「人間は生まれつきすべて自由、平等と独立したように、本人の同意できない、誰もこの状態を置くほか、に束縛されてもう一人の政治権力。」どんなに冷徹ても全面的に精錬していると言われている。それは実は啓蒙思想の核心であり、人と人の権利を置いたすべての政治権力の上で、その上になってそして西洋政治文明ができての根本。アメリカ」%の独立宣言、フランスの『人権宣言」まで、最近国連の一連の人権についての公民の権利とファイル、道下りてきて、その出発点がここで。啓蒙の精神、说一千道一万、根本の根本はここに。イギリスで「名誉革命」以降、思想家としてのロックが立つように西洋文明の史の位置。