超音波は安全ですか?体のどの部分を使用できますか?どのような病気が診断されますか?



超音波検査は一般的なPortable ultrasound臨床健康診断であり、主に人間の耳には聞こえない超音波を介して行われます。


超音波が人体に入ると、組織で反射および屈折します。これらの反射または屈折した信号は、画面に表示したり、さまざまな形で画像化することができます。


超音波は柔軟性があり、超音波室、ベッドサイド、緊急治療室、集中治療室(集中治療室)などで使用できます。


同時に、超音波検査は放射性ではなく、短期間の再検査が必要ないくつかの病気は超音波で繰り返し検査することができます。


1.人体のどの部分を超音波検査に使用できますか?どの病気を診断できますか?


超音波には、頭からつま先まで、次のような多くの用途があります。


目、顔、顎下腺が頭に見えます。


甲状腺は首に見られます。


乳房を含む胸部の表在器官;


腹部の肝臓、胆嚢、脾臓、腎臓、膵臓、胃腸管、および子宮付属器、前立腺、膀胱などを含む骨盤腔。


手足、血管など;


言い換えれば、正常な肺や骨などの画像化の難しさに加えて、病変を観察することは容易ではなく、他の臓器は基本的に超音波で検査することができます。


病気の診断に関しては、超音波は空間を占める病変を見つけるだけでなく、正常な構造以外の組織や臓器に異常なエコー反射があるかどうかを観察して、びまん性肝炎、肝臓などのびまん性病変があるかどうかを判断します線維症、および肝硬変。


2.超音波検査の種類は何ですか?それらの特徴は何ですか?


超音波検査には、Aモード超音波、Bモード超音波、Dモード超音波、Eモード超音波、Mモード超音波など多くの種類があります。


さまざまな視聴覚画像の特徴は次のとおりです。


Aモード超音波:これは、振幅を介してエコー信号を表現する最初の超音波であり、現在は基本的に排除されています。


Bモード超音波:最も広く使用されているタイプの臨床超音波検査です。主にグレースケール、つまり明暗でエコー強度を表示します。通常、主に観察する白黒平面画像として表示されます。臓器組織構造の形態学的変化;


d超音波:ドップラー超音波は、血管の組織構造と血行力学的パラメーターをチェックできます。


e-超音波:乳房、甲状腺、前立腺などに使用できる弾性超音波とも呼ばれる新しい超音波技術です。


Mモード超音波:心臓の収縮運動が強いかどうかなど、心臓の動きを観察するために心エコー検査で最も一般的に使用されます。


一般的に言えば、超音波医はさまざまな病気の特徴に応じてさまざまな病気を診断するのに役立つさまざまな超音波を選択します。


3.超音波検査中に体に塗布される透明ジェルは何ですか?それは体に有害ですか?


超音波検査の後でトイレットペーパーを患者に投げた医者が「自分で拭いてください」と言ったという冗談がインターネット上にあります。卑劣な人のように見えます。


同時に、このセルフクリーニング透明ジェルが何をするのか知っていますか?


実際、これは医療用接触媒質と呼ばれ、主に超音波プローブと皮膚の間の空気バリアを減らして、皮膚とプローブの接触を改善し、超音波画像をより鮮明に表示することを目的としています。


医療用カップリング剤は無色、無臭、無毒、無害です。人体に侵入せず、成分は非常に安全です。一般的に人体に無害です。紙できれいに拭くことができます。


おすすめの関連記事


超音波と音波の違いを知っていますか?


超音波検査のヒント


超音波診断装置とは何ですか?

超音波は安全ですか?体のどの部分を使用できますか?どのような病気が診断されますか?



超音波検査は一般的なPortable ultrasound臨床健康診断であり、主に人間の耳には聞こえない超音波を介して行われます。


超音波が人体に入ると、組織で反射および屈折します。これらの反射または屈折した信号は、画面に表示したり、さまざまな形で画像化することができます。


超音波は柔軟性があり、超音波室、ベッドサイド、緊急治療室、集中治療室(集中治療室)などで使用できます。


同時に、超音波検査は放射性ではなく、短期間の再検査が必要ないくつかの病気は超音波で繰り返し検査することができます。


1.人体のどの部分を超音波検査に使用できますか?どの病気を診断できますか?


超音波には、頭からつま先まで、次のような多くの用途があります。


目、顔、顎下腺が頭に見えます。


甲状腺は首に見られます。


乳房を含む胸部の表在器官;


腹部の肝臓、胆嚢、脾臓、腎臓、膵臓、胃腸管、および子宮付属器、前立腺、膀胱などを含む骨盤腔。


手足、血管など;


言い換えれば、正常な肺や骨などの画像化の難しさに加えて、病変を観察することは容易ではなく、他の臓器は基本的に超音波で検査することができます。


病気の診断に関しては、超音波は空間を占める病変を見つけるだけでなく、正常な構造以外の組織や臓器に異常なエコー反射があるかどうかを観察して、びまん性肝炎、肝臓などのびまん性病変があるかどうかを判断します線維症、および肝硬変。


2.超音波検査の種類は何ですか?それらの特徴は何ですか?


超音波検査には、Aモード超音波、Bモード超音波、Dモード超音波、Eモード超音波、Mモード超音波など多くの種類があります。


さまざまな視聴覚画像の特徴は次のとおりです。


Aモード超音波:これは、振幅を介してエコー信号を表現する最初の超音波であり、現在は基本的に排除されています。


Bモード超音波:最も広く使用されているタイプの臨床超音波検査です。主にグレースケール、つまり明暗でエコー強度を表示します。通常、主に観察する白黒平面画像として表示されます。臓器組織構造の形態学的変化;


d超音波:ドップラー超音波は、血管の組織構造と血行力学的パラメーターをチェックできます。


e-超音波:乳房、甲状腺、前立腺などに使用できる弾性超音波とも呼ばれる新しい超音波技術です。


Mモード超音波:心臓の収縮運動が強いかどうかなど、心臓の動きを観察するために心エコー検査で最も一般的に使用されます。


一般的に言えば、超音波医はさまざまな病気の特徴に応じてさまざまな病気を診断するのに役立つさまざまな超音波を選択します。


3.超音波検査中に体に塗布される透明ジェルは何ですか?それは体に有害ですか?


超音波検査の後でトイレットペーパーを患者に投げた医者が「自分で拭いてください」と言ったという冗談がインターネット上にあります。卑劣な人のように見えます。


同時に、このセルフクリーニング透明ジェルが何をするのか知っていますか?


実際、これは医療用接触媒質と呼ばれ、主に超音波プローブと皮膚の間の空気バリアを減らして、皮膚とプローブの接触を改善し、超音波画像をより鮮明に表示することを目的としています。


医療用カップリング剤は無色、無臭、無毒、無害です。人体に侵入せず、成分は非常に安全です。一般的に人体に無害です。紙できれいに拭くことができます。


おすすめの関連記事


超音波と音波の違いを知っていますか?


超音波検査のヒント


超音波診断装置とは何ですか?

超音波は安全ですか?体のどの部分を使用できますか?どのような病気が診断されますか?



超音波検査は一般的なPortable ultrasound臨床健康診断であり、主に人間の耳には聞こえない超音波を介して行われます。


超音波が人体に入ると、組織で反射および屈折します。これらの反射または屈折した信号は、画面に表示したり、さまざまな形で画像化することができます。


超音波は柔軟性があり、超音波室、ベッドサイド、緊急治療室、集中治療室(集中治療室)などで使用できます。


同時に、超音波検査は放射性ではなく、短期間の再検査が必要ないくつかの病気は超音波で繰り返し検査することができます。


1.人体のどの部分を超音波検査に使用できますか?どの病気を診断できますか?


超音波には、頭からつま先まで、次のような多くの用途があります。


目、顔、顎下腺が頭に見えます。


甲状腺は首に見られます。


乳房を含む胸部の表在器官;


腹部の肝臓、胆嚢、脾臓、腎臓、膵臓、胃腸管、および子宮付属器、前立腺、膀胱などを含む骨盤腔。


手足、血管など;


言い換えれば、正常な肺や骨などの画像化の難しさに加えて、病変を観察することは容易ではなく、他の臓器は基本的に超音波で検査することができます。


病気の診断に関しては、超音波は空間を占める病変を見つけるだけでなく、正常な構造以外の組織や臓器に異常なエコー反射があるかどうかを観察して、びまん性肝炎、肝臓などのびまん性病変があるかどうかを判断します線維症、および肝硬変。


2.超音波検査の種類は何ですか?それらの特徴は何ですか?


超音波検査には、Aモード超音波、Bモード超音波、Dモード超音波、Eモード超音波、Mモード超音波など多くの種類があります。


さまざまな視聴覚画像の特徴は次のとおりです。


Aモード超音波:これは、振幅を介してエコー信号を表現する最初の超音波であり、現在は基本的に排除されています。


Bモード超音波:最も広く使用されているタイプの臨床超音波検査です。主にグレースケール、つまり明暗でエコー強度を表示します。通常、主に観察する白黒平面画像として表示されます。臓器組織構造の形態学的変化;


d超音波:ドップラー超音波は、血管の組織構造と血行力学的パラメーターをチェックできます。


e-超音波:乳房、甲状腺、前立腺などに使用できる弾性超音波とも呼ばれる新しい超音波技術です。


Mモード超音波:心臓の収縮運動が強いかどうかなど、心臓の動きを観察するために心エコー検査で最も一般的に使用されます。


一般的に言えば、超音波医はさまざまな病気の特徴に応じてさまざまな病気を診断するのに役立つさまざまな超音波を選択します。


3.超音波検査中に体に塗布される透明ジェルは何ですか?それは体に有害ですか?


超音波検査の後でトイレットペーパーを患者に投げた医者が「自分で拭いてください」と言ったという冗談がインターネット上にあります。卑劣な人のように見えます。


同時に、このセルフクリーニング透明ジェルが何をするのか知っていますか?


実際、これは医療用接触媒質と呼ばれ、主に超音波プローブと皮膚の間の空気バリアを減らして、皮膚とプローブの接触を改善し、超音波画像をより鮮明に表示することを目的としています。


医療用カップリング剤は無色、無臭、無毒、無害です。人体に侵入せず、成分は非常に安全です。一般的に人体に無害です。紙できれいに拭くことができます。


おすすめの関連記事


超音波と音波の違いを知っていますか?


超音波検査のヒント


超音波診断装置とは何ですか?