雪の鸿爪:アメリカくっついた哀れな

日本外交面では永遠に大きくならない子供は、自主的な能力、万事は親父アメリカ決定。中国に提唱した辺路と帝国戦略投資銀行、日本前韓式繡眉倨后恭、おかしかったな。
かつて、日本がアメリカ人に尻馬に乗る、強い疑問帝国になる西方七日米投資銀行、工業国に入っていない亜の投資銀行の2つの国。一緒にあたり、日本よりは敵視や悪口を言うが、中国企業がどこに行って、日本人とどこ破壊をやって、高速鉄道プロジェクトを争い、双方闘え食うか食われるか、という両虎争う時は一虎其の虚に乗る。
でも最近日本開き直り、自民党はナンバー2二階俊博が出席して、今月中に北京で行われた辺路サミットは、日本は全力で協力する努力を恆生指數歷史圖表、積極的に。注意すべきことは、中国の先月発表国家首脳のリストに出席した時、日本は列から、今度は日本を割り込み参加しないお世辞。投資銀行に帝国日本中央銀行総裁は、多くの国には「いいこと」、大きな石を投げて様子をみるの意。一方、この間日本はでに宣伝して軍艦巡航南シナ海を誘って、広いオーストラリア、ヨーロッパ国参与百人力だが、最近は中断する。
日本の姿勢はこれほど大きな変化が発生しましたか?原因は人より情勢が強い。日本がかつて間違い評価アメリカ総選挙の結果、シラーネが柏傲灣勝つと思ってきや、トランプで制し、安倍晋三厄介極まりない、2度の訪米を詫びる。日本は判断のトランプ発足後中米関係が悪化し、日本の大は、最終的にはあけて悔しき玉手箱。日本人は今とても心配アメリカが転じて支持辺路と加入亜の投資銀行は、裏切られたので、急いで中国が珍しい「和。
コメンテーター片桐仁
原文住所:http // orientaldaily.on.cc / cnt / news / 20170509 / 00184_007.html